淋病になるとどんな症状が出るの?

淋病になるとどんな症状が出るの?

淋病について詳しく知っておきましょう

淋病とは淋菌という細菌によっておこる、梅毒や性器クラミジアと並んで代表的な性感染症の1つです。感染経路は主に性行為であり、1回の性交渉での感染率が約30%と高いのが特徴的です。

 

 

他にも、感染者のうち男性が約5%、女性は約80%が症状が現れないのも大きな特徴と言えるでしょう。

 

そのままにしておくと感染が拡大したり、重症化してしまう危険性があります。また妊娠中の女性に感染した場合には、出産時の母子感染の危険性が高まるので注意が必要です。

 

 

一方で、もし淋病に感染してしまったとしても、早期に適切な治療を受ければ完治が可能な病気であるという事を覚えておいてほしいです。感染しても治療を始めなかったり、治療したとしてもその方法が適切でなかったりすると、淋菌感染症は完治できず取返しのつかない事になります。

 

 

 

そしてもう1つ、淋病はクラミジアと同様に喉にも感染する事を覚えておきましょう。

 

 

オーラルセックスによる感染にも注意が必要です。特に風俗でフェラチオのサービスを受けた男性が、口腔内から性器へというルートで淋病に感染するケースが増えています。逆もあり、性器から口腔内への感染も有り得る病気が淋病です。

 

淋病の症状は?

男性が淋病に感染した場合、尿道炎による激しい痛みを伴う排尿痛があります。尿道が赤く腫れたり膿が出る事もあります。勃起の際に激しい痛みが襲い正常な男性機能を果たせなくなる事が多いそうで、痛くて性行為どころではないとの話も聞きます。

 

 

女性が淋病に感染した場合、ほとんど自覚症状がないので気付かない事がほとんです。症状としては膿の様なおりものが増加する程度なので、普段から自分のおりものを把握しておいて、変化を確認したら検査するくらいの慎重性が必要となります。

 

 

 

そんなのめんどくさいと誰もが思いがちですが、そのまま淋病が発見されず放置しておくと不妊の原因に繋がります。

 

 

現在は妊婦健診を受ける事で出産時の母子感染を防ぐ事が出来ますので、妊婦健診は必ず受けるべきです。更に定期的な自己検査を受ければ、淋病が重症化する恐れは随分防げるでしょう。

 

 

次に男女共に咽頭の症状ですが、症状が出ない場合が多いです。あっても風邪に似た様な感じが主で、喉の腫れ・痛み・発熱などです。しかし喉に淋病が感染したまま放置しておくと、喉の痛みは増していきます。勿論風邪薬を飲んでも症状は良くなりません。最悪の場合肺炎を引き起こし、厄介な事に喉への感染は性器の感染に比べて治療に時間が掛かりますので、少しでも心配なら検査を受けるに越した事はないでしょう。

 

淋病の検査方法は?

淋病の検査方法ですが、女性の場合、子宮頸管から綿棒で分泌液を採取して検査を行います。男性の場合、尿を採取し尿検査を行います。2時間以上尿を我慢する必要性があります。

 

 

最近では男女共にクラミジアと淋病の検査を同時に行う事が出来ますので、淋病を疑った場合はクラミジアの検査も行うべきです。実際、淋病の人の20〜30%はクラミジアにも感染しているという報告があります。そして検査の前は少なくとも1週間以上抗生物質を飲まない事を覚えておきましょう。

 

検査する意味がなくなってしまいます。喉の検査ですが、綿棒で喉を擦って検体を採取する方法と、しっかりとうがいをしてうがい液を検体する方法があります。病院検査キットの指示に従って採取して下さい。

 

淋病の治療は?

淋病の治療ですが、原因となる淋菌を完全に殺す必要性があります。抗生物質を1〜2週間服用し、抗生物質の投与が終了したら「休薬期間」と呼ばれる期間を挟みます。そして再検査、淋菌が検出されなければ晴れて完治となります。決して自分だけの判断で中止しないで下さい。再び淋菌が勢いを盛り返し、完治できないだけでなく耐性菌の出現を誘発させてしまう場合もあるからです。

 

 

淋病の感染を予防するには、性行為の際のコンドーム着用、そして不特定多数の性交渉パートナーを作らない事です。パートナーが出来た際は、性行暦の把握も必要な時代なのですね。そんな事できっこないと笑う人もいるでしょう。

 

 

しかし淋病感染中は、HIVウイルスへの感染率が通常の3倍にまで上がる事が調査でわかっています。

 

 

先程クラミジアにも感染する可能性が高くなると記載しましたが、HIVウイルスへの感染率も高まるのが淋病の恐ろしい特徴です。日頃から対策をとって予防をする事、そして少しでも感染に不安を感じたら、放っておかずに医療機関で検査をしましょう。最近ではネットでの検査もできますから、人に知られるのが嫌だという人は是非利用してみて下さい。

 

 

性病検査を自宅で受けたい人はコチラ