性病検査キットの使い方をざっくり説明します。

性病検査キットの使い方をざっくり説明します。

検査キットの需要が高まっています。

自分の身体に異変があり、これはもしや・・性病?と不安が押し寄せたらどうしますか?

 

病院へ駆け込む?保健所で検査をする?この二択はポピュラーですが、念のため検査をしてみたいという(おそらく違うけど念のため)な人にとっては多くのリスクがあります。

 

 

結果陰性なのにも関わらず受付で名前を呼ばれ看護師さん達に顔を見られ、保健所でも絶対にプライバシーが守れるという訳ではありません。仕事をわざわざ休むというリスクもあります。それよりも、誰にも知られずに好きな時に自宅で性病検査が出来る「性病検査キット」の人気が上昇しています。

 

 

匿名で検査でき、結果もバレる事なく確認できます。仕事が終わってから自分のペースで検査でき、後は結果を待つだけです。かなり深刻な状況なら話は別ですが、念のため・・という気持ちでしたら、特に検査キットの使用をお勧めします。

 

 

しかし実際に検査キットの利用を躊躇している人に話を聞くと、「きちんと検体を採取できるか不安」「失敗したらどうしよう」という心配がある様です。他にも「検査キットの精密度は大丈夫なのだろうか」という心配もあるそう。検査キットの制度は非常に良くなっており、検査キットと検体の取り扱いを間違えなければ、病院や保健所で検査を受ける場合と制度はほぼ変わりません。

 

 

ここで重要なのが検査キットの使い方になってきます。正しい方法で検体を採取する事、採取した検体を指定の方法で速やかに返送する事。この2点が非常に大切です。検査キットを購入したらまず説明書を良く読み、指示に従って検体を採取しましょう。

 

 

ここでは検査当日に焦らい為にも、検査キットの使い方をざっと説明します。こちらでイメトレをしたうえで、実際手元に検査キットが届いたら説明書に従って検体を採取、返送して下さい。

 

説明書を読む前にイメージトレーニングしませんか?

血液採取

※エイズ・梅毒・B型肝炎・C型肝炎
ほとんどの業者が血液採取器具(ランセット)を採用しています。ランセットのキャップを外し、突起部を指に付けてレバーを押すと針が出る仕組みになっており、その後針は戻って2度目の使用は不可能です。指にランセットの針を刺して血液を絞り出し、付属のろ紙に血液をポタリと落とします。○の中を血液で赤く染める様にしましょう。針を刺す行為や血液を見る行為から、ちょっと怖い印象もあります。しかしランセットを指先に押し付けるだけで終わりますし、病院や保健所で行う血液検査より痛みは少ないです。ろ紙は採血後に乾燥させ、付属の袋に入れて返送します。

 

膣分泌液採取

※淋病・トリコモナス・カンジダ・クラミジア(女性)
「カポターナ」と呼ばれる細長い綿棒のようなものを膣内に挿入し、膣の分泌液をぬぐい取ります。綿棒を附属の袋に入れて返送します。注意点ですが、生理中にこの検査キットで採取した分泌液では正しい検査が出来ない可能性があります。生理がしっかり終わってから検査をして下さい。他にも、手を清潔にして綿棒に触れない事、婦人科など病院で膣洗浄してもらった場合、数日後に検査をする事、トイレのビデなどで洗浄した程度では検査に影響ないが、あまり神経質に膣を奇麗にした状態での分泌液採取は避けた方が良いとの事です。

 

尿検査

※淋病・クラミジア・トリコモナス
尿コップに朝一番の尿を取り、スポイトで尿を吸い上げて線の所まで尿を入れます。蓋をしっかりと締め、付属の袋とチャック付き袋に二重に入れ返送します。学校の尿検査で行った要領と一緒です。

 

陰茎擦過物検査

※カンジダ(男性)
手を洗い、付属の綿棒で陰茎全体をぬぐいます。特に皮膚の重なっている分部や冠状溝を念入りに拭います。綿棒が他に触れない様注意して、容器に入れ蓋をしめ、付属の袋に入れて返送します。入浴前に採取する事を推奨しています。

 

咽頭検査

※淋病(のど)・クラミジア(のど)
起床後の食事前に行います。コップを組み立て、15ml程度の水で「ガラガラ」と勢いよく10秒ほどうがいをします。うがい液をコップに出し、採取容器をスポイトの様にしてうがい液を吸い上げます。採取容器の蓋をしっかりと閉め、専用の袋に入れて返送します。この場合うがいの水の量は10〜20mlで、多くし過ぎない様にして下さい。もう1つ、うがい用ボトルに入った専用のうがい液でうがいをし、紙コップに吐き出したうがい液を「うがい液スピッツ」と呼ばれる容器に移し替え、蓋をしっかりと閉めて専用袋に入れて返送という場合もあります。最近では水道水の残留塩素が検査の正確さに影響するとあり、後者の専用うがい液使用の業者が多くなっています。性病検査キットを購入する際の参考にしてみても良いと思います。

 

以前はうがい薬ではなく、カルポーターと呼ばれる綿棒で喉の粘膜をこすって検体を採取していました。しかし人によっては激しい痛みや「おえっ」となる場合があり、うがいをするという検査方法を正確化して実現しました。検査される側にとっては、不快感なく検査できるので有難いです。

 

性病検査を自宅で受けたい人はコチラ