クラミジアて具体的にどんな症状?

クラミジアて具体的にどんな症状?

クラミジアに関して勉強しましょう

性感染症の中で最もポピュラーであり、最も感染者数が多く、厄介だと危惧されているのが「クラミジア感染症」です。

 

推定では日本国内で100万人以上が感染しているとされており、特に女子高生など10代の若い女性が感染している事が判明しています。

 

10代後半〜20代前半の女性の10〜20人に1人くらいがクラミジアに感染しているとあれば、クラミジアがとても身近な性感染症だという事が分かると思います。

 

 

冒頭で厄介だと危惧されていると記載しましたが、その理由は感染力の高さと自覚症状が出にくい事です。まず感染力の高さですが、1回の性交渉でクラミジアに感染する確率は50%にもなります。

 

 

そして感染した女性の約80%、男性の約50%が、自覚症状が出ず気付かないままなのです。そのまま放置しておいて良いわけがありません。女性の場合、子宮内膜炎や卵管炎、腹膜炎の発症に繋がります。

 

 

又感染したまま妊娠すると、流産や早産の可能性が高まったり、母子感染をして新生児に悪影響を及ぼします。

 

 

但し、現在では妊婦健診時にしっかりと検査をします。ですから実際は母子感染の報告はあまりありません。妊娠が分かったら妊婦健診をしっかり受ける事も重要です。妊婦健診を受けず出産する人も実際いますので、全ての女性が安心だとは言い切れないのが現状です。

 

 

男性の場合、尿道炎や前立腺炎、副睾丸炎(睾丸が腫れ上がる)の発症に繋がりますし、不妊症になる事もあります。そして厄介だと危惧されている最大の理由として、男女ともにクラミジアに感染するとHIV(エイズウイルス)への感染が3〜5倍になると言われています。HIVだけでなく他の性病にも感染しやすくなりますので、非常に深刻な問題として課題が残っています。早期発見と早期治療がなにより大切だと言えます。

 

クラミジアの症状や感染経路

クラミジアはクラミジア・トラコマチスという細菌が体内に入り込む事で感染します。

 

 

主に感染者との粘膜や体液が、相手の粘膜に触れる事で感染します。感染する部分は、男性の場合尿道の粘膜、女性の場合子宮頸部(膣の奥の部分)の粘膜です。クラミジアは感染力こそ高いですが、クラミジア自体は弱い細菌です。

 

 

人間の細胞の中でしか生きられません。人から離れるとすぐ死んでしまうので、トイレやお風呂などで感染する様な事は普通ありません。

 

 

セックス以外の性行為でもクラミジアは性器の粘膜に感染する事があります。この場合はフェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックスで喉から性器へと感染します。

 

 

逆に性器から喉へ感染する事もありますし、ディープキスで喉から喉へと感染する事もあります。

 

この様に自覚症状が少なく感染力の強いクラミジアですが、男女共に自覚症状が出る事もありあす。少しでも自分の身体に異変を感じたら、感染を疑っても心配性ではないと思ってほしいです。

 

主な自覚症状ですが、女性の場合、おりものの量が増えたりおりものに少量の出血が混ざったりします。他では下腹部の痛みや違和感、性交渉中の下腹部痛み、生理痛が酷いなどです。

 

男性の場合、排尿時の痛みや尿道から膿などの分泌物が出ます。この分泌物は白色か透明で量も少ないです。睾丸が腫れたり微熱が出る事もあります。喉に感染した場合も自覚症状が出ない場合がありますが、出る場合は喉の腫れや痛み、発熱、まれに咽頭炎や扁桃腺炎になる事があります。

 

 

風邪の症状と似ていますので、風邪薬を飲んでも症状が良くならない場合は感染を疑って下さい。

 

少しでもおかしいと思ったら、一度病院でクラミジアの検査を受けて下さい。今は自宅で検査できる検査キットも販売していますので、病院へ足を運ぶのはちょっと・・・と躊躇する人は利用して損はないです。

 

 

そしてこの検査ですが、できたらパートナーも同時に行ってほしいです。陽性なら治療をスタートしましょう。

 

 

治療法は、男女共にクラミジアに有効な抗生物質を1日〜7日間飲みます。炎症が酷くて腹痛や発熱がある場合は、点滴による治療が必要になる事もあります。

 

 

しかし軽度の場合なら1回の投与だけでも治療が可能です。ここで注意してほしいのが、クラミジアの治療は簡単だと安心しない事です。治療後に必ず再検査を行い、結果が「陰性」になっている事を確認しましょう。医者に「完治」と言われるまで治療を止めない事です。

 

 

決して自分の判断で病院通いをせず、勝手に治療を終了しない様に。感染を拡大させない為にもパートナーを悲しませない為にも、勿論自分の為にも、最後まで治療に責任を持ちましょう。

 

 

性病検査を自宅で受けたい人はコチラ