性病検査キットで性病検査しませんか?

性病検査キットで性病検査しませんか?

検査キットが主流の時代になりつつある?

【メリット】

性病検査キットを利用する最大のメリットは、誰にも会わずに性病検査出来ることでしょう。性病はとてもデリケートな問題であり、男性の場合看護師さんが女性だとなおさら凹みますよね。他にも、たった1回の遊び心で肉体関係を持っただけなのに、まさかの感染??と不安が押し寄せた時、頭に浮かぶのは家族や恋人でしょう。性病のせいで家族や恋人との関係が壊れてしまうのは何としても避けたいですから、出来れば誰にも知られずに検査したいものです。検査して陽性なら治療しなければいけませんから、この場合は家族や恋人に告白する必要性があります。しかし陰性だった場合、無駄な告白の為に自分の周囲の関係性が壊れるのは切ないものです。しかしバレる事を恐れて性病検査を受けないのは危険すぎます。そんな時に性病検査キットを利用すれば、誰にも知られる事なく性病の検査が出来て便利です。ネットで購入すると検査キットが届きますが、包装も外からは検査キットだと分からないものになっています。しかもコンビニや郵便局に発送を指定する事も出来ますから、どうしても自宅に検査キットを届けてほしくないという人は指定すると尚安心です。

 

他にも、手軽だというメリットもあります。病院や保健所は、基本土日休みが多いです。時間的な規制もありますので、時間が合えば良いですが時間をとれる人の方が少ないと思われます。サラリーマンやOLさんの場合、わざわざ会社を休んで有給を使って検査をしなければいけない可能性があります。検査キットなら、夜中でも早朝でも自分が好きな時に検査が可能です。手軽で助かりますね。
もし検査キットで陽性だった場合、発行される医師提示カートをもとに病院で診察・治療を受ける事が可能です。検査の為だけに病院に行く手間が省けるのもメリットだと思います。

 

【デメリット】

HIV関連の検査であれば、保健所で無料で調べてもらう事が出来ます。性病検査キットの場合、購入の為の費用が掛かる事はどうしても避けられません。また陰性であれば問題ないものの、もし陽性の場合は結局病院へ行って再度検査する必要性があります。二度手間になってしまうのはデメリットだと思います。他にも、最近の検査キットは説明も明確ですが、のどの粘膜や膣内の分泌液を検査する時に検体の採取に失敗する事が皆無ではありません。もし失敗した場合、正しい検査結果を得られません。失敗すると採取用の器具を再送してくれるはずですが、多少の手間がかかるのは否めません。この辺もデメリットだと言えるでしょう。

 

【価格】

検査キットを売り出す会社によって設定価格が違いますが、例えば“性病検査STDチェッカー”の商品価格帯は2,940円〜19,950円、“GME医学検査研究所性病検査キット”の商品価格帯は3,050円〜36,490円、“ふじメディカル性感染検査キット”の商品価格帯は3,300円〜13,000円、“セルシーフィット”の商品価格帯は6,300円〜32,000円です。安易に安いキットに飛びつかない様、注意が必要です。自分が検査したい項目が入っているか、他の項目も合わせて検査しておくべきか、よく考慮して検査キットを決めましょう。

 

【こういう人にお勧め】

性病検査を受けたいけれど病院や保健所に行く勇気が出ない人、プライバシーを絶対に守りたい人、仕事や学業などで忙しく病院へ行く暇がない人、自分のペースで性病検査をしたい人、結婚予定のカップル(ブライダルチェックをしたいけど、わざわざ病院でするのもな・・と考える人)、風俗関係の仕事をしており、毎回病院で検査するのは嫌だと考える人、不安だけれど限りなく陰性に近いと予想される人など。

 

 

性病検査を自宅で受けたい人はコチラ