亀頭包皮炎ってどんな症状?

亀頭包皮炎ってどんな症状?

亀頭の先に違和感?それは亀頭包皮炎かも?

男性なら誰しも一度はペニスに違和感を感じたことはあるのではないでしょうか?

 

ペニスが赤くなったり、痛みがあったり、かゆみが出たり、臭いがきつくなるなど、様々な症状があります。それらの症状が亀頭の先にあるのであればそれは亀頭包皮炎かもしれませんよ。

 

「亀頭包皮炎とは?その症状と原因」

亀頭包皮炎とは、その名のとおりで亀頭の先の皮膚の炎症のことです。正確にはペニスの先である亀頭の部分と、その亀頭を包んでいる皮膚が炎症を起こしてしまうことです。

 

症状は人によって異なりますが、亀頭やその皮膚が赤くなったり、痛みがあったり、かゆみがあったり、亀頭やその皮膚の周りに白い垢のようなカス、いわゆるチンカスがつくなどの症状があります。これらの症状は男性なら一度は経験したことがあると思いますが、放置しておけば簡単に治るなんて甘く見るととんでもないことになるかもしれませんので注意が必要です。

 

 

亀頭包皮炎の原因は、雑菌やカビなどの微生物です。ペニスは基本的にむきだしであり、日常生活で体を動かしたり、スポーツをしたりすることでパンツ内で動くため、パンツや太腿などとこすれあうことでキズがつきやすくなっています。これらのキズがついてしまった場所に雑菌やカビなどの微生物が入りこんでしまい、それらが原因で炎症を起こしてしまうことで亀頭包皮炎となってしまうのです。

 

 

股間はパンツ・ズボンにつつまれているために蒸れやすく、汗をかきやすい場所であり、またおしっこなどをした後にちゃんと拭く人は少ないでしょうし、不衛生になりやすく、それらは雑菌やカビなどが繁殖しやすい環境となっているために、亀頭包皮炎は男性には避けては通れない病気と言えます。

 

ちなみにこの雑菌とは、大腸菌や黄色ブドウ球菌などがあり、カビではカンジダや真菌などがあります。

 

包茎の人は亀頭包皮炎になりやすい!!

亀頭包皮炎になる原因に、男性気の形状があります。ペニスの先が皮膚で包まれている状態、つまり包茎の人は亀頭包皮炎になる可能性がとても高いのです。包茎の中でもペニスの先が包まれたりむき出しに出来る、仮性包茎の人が特になりやすいです。

 

上述した亀頭包皮炎の原因のカビや雑菌は湿度が高い蒸れた状態で繁殖しやすいのです。包茎の人はペニスの先が皮膚に包まれやすいため、ペニスの先は蒸れやすくなっており、また、仮性包茎はペニスの先の皮膚が大きく動くため、それによって摩擦が起きてペニスの先と皮膚同士がこすれあうため、そのどちらにも傷がつきやすくその傷が原因で炎症を起こしやすいのです。

 

包茎の人のほとんどの人が亀頭包皮炎になったことがあるといっても過言ではないくらい、炎症を起こしやすい形状となっているのです。

 

亀頭包皮炎になりやすい行為

包茎以外にも亀頭包皮炎になる原因はあり、ペニスの先が炎症を起こしやすい状態になれば亀頭包皮炎を発症しやすくなると言えます。たとえば、性行為などはペニスに大きな摩擦が加わるために炎症を起こしやすいと言えるでしょう。

 

また、人の唾液などは雑菌が非常に多く繁殖しているため、フェラチオなどのオーラスセックスなどはペニスに傷をつけるだけでなく、雑菌などを同時に傷口に塗りこむような行為なので注意が必要です。

 

亀頭包皮炎を侮るなかれ!他の病気があるかも・・・

以上のように亀頭包皮炎は男性であれば一度は経験をしたことがある病気なのではないでしょうか?ですが、亀頭包皮炎はただの炎症だと侮ってはいけません。確かにただの炎症であれば時間とともに治っていくでしょうが、その炎症の原因がもしかしたらカビや雑菌だけではないかもしれません。

 

亀頭包皮炎と似た症状の中には、重篤な症状になる性病などもあるので、軽く考えてはいけません。亀頭包皮炎は再発しやすい病気だからこそ、常にペニスの状態に注意を払い、いつもと違うのであれば病院へ行くことをおすすめします!!!

 

 

性病検査を自宅で受けたい人はコチラ