性器が痒いことありませんか?これって性病なの?

性器が痒いことありませんか?これって性病なの?

かゆみは我慢できないので早めの治療が安心です

ちょっぴり性器が痒い・・この程度なら良くある事だと思います。男性の場合下着と性器が擦れて痒みがでたり、蒸れてしまったり。女性の場合も蒸れや擦れが原因でデリケートゾーンが痒くなる事は良くあるでしょう。

 

 

しかし我慢できない程痒みが強かったり、女性の場合痒みと同時におりものが特徴的だったり。これらの場合は性病を疑った方が賢明かと思います。

 

 

病院へ行って検査を行うか、自宅で確認できる検査キットを取り寄せるか、早めに対策を行うべきです。ここでは主に性器の痒みを伴う性病を挙げてみましたので、熟読してもらって心当たりがあれば行動して下さい。性病は早期発見・早期治療が望まれる病気です。

 

 

早々に適切な治療を行えば、予想以上に治りが早くて精神的にも落ち着く可能性が高いです。

 

 

逆に現実から目を背けてそのままにしておくと、症状が出て深刻な状態に陥って、結局性病が発覚して通院を余儀なくされます。早期発見なら少量の投薬治療で済んだはずが、症状が重症化して入院なんて事態にもなり兼ねません。

 

数日間仕事を休む羽目になったり、治療費もどんどん高額化してしまいます。たかが性器の痒みだと楽観視せずしっかりと症状を把握して、当てはまる性病はないか、疑わしいものはないか、調べてみて下さい。

 

【カンジダ症】

性器の痒みといえばカンジダ症というくらい、非常に有名な症状です。カンジダとは真菌の一種であり、性器にカビがはえた状態だと思ってもらえば良いです。性行為による感染もありますが、身体の抵抗力が弱まっている時(妊娠中、抗生物質の服用、ストレス増加など)でも発症します。女性に多く、酷い性器の痒みに襲われます。ちょっぴり痒いというレベルではありません。かなり我慢できない状態です。同時におりものが白濁色となったり、ヨーグルト状となる特徴があります。カンジダは女性の発症が多いですが、男性でもカンジダ症になる事があります。男性の主な感染部位はペニスの鬼頭ですので、通常はシャワーなどで鬼頭を綺麗に洗い流していればカンジダ菌は住み着けません。しかしパートナーの男性が仮性包茎の場合、菌が鬼頭と包皮の間に入り込んで繁殖するケースがあります。怪しいと思ったら診察を受けるべきです。

 

男性の場合は泌尿器科で、女性の場合は婦人科で検査して下さい。女性の場合、婦人科で膣洗浄を行い、膣の奥に膣錠を入れてカンジタ菌を減少させます。外用薬を処方される事もあります。医師の指示に従って使用しましょう。カンジダ症は再発する可能性が非常に高く、その度に診察するのは結構大変です。そんな人達の為に、婦人科に通院する事なく自分で膣カンジダの治療薬を購入する事が可能となりました。「再発」が条件であり、薬剤師の判断の元購入可能です。

 

【トリコモナス膣炎】

トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫の感染によっておこります。主に性行為によって感染し、男女共に感染する可能性はあります。しかし男性の場合はほとんど症状が出ません。女性の場合、感染して数週間すると黄味がかった泡状の臭いの強いおりものが出ます。同時に膣や外陰部に強い痒みを生じます。尿道に感染することもあり、その場合は膀胱炎の様な感じになります。結構多いのが、「膀胱炎だと思って病院に行ったらトリコモナス膣炎だった」という例です。他にも「子宮がん検診に言ったらトリコモナス膣炎が見つかった」という偶然的なケースが多々あります。

 

トリコモナスの怖いところは、子宮がんやHIVなどの感染率も同時に非常に高くなる事です。不妊にも繋がる怖い病気だという事を認識しておかなければいけません。しかも症状が治まったからといって放っておいてしまうと、原虫が身体の中で生き続けて再発もしくは先程記載したHIVなどを併発してしまう恐れがあります。適切な治療で完治させる事が必須となります。但し治療自体は簡単で、1回4錠の薬を1日1回、食後に服用します。トリコモナス原虫を体内に残しておかない様、必ず医師の完治の診断まで服用・通院して下さい。

 

【毛じらみ】

毛じらみとは、人間の毛に寄生する小さな昆虫(しらみ)による感染症です。体調1〜2mmほどの虫で、肉眼でも確認できます。毛じらみは陰毛にひっついて血を吸い、陰毛の根元に黒い1mmほどの卵を産み付けます。性行為によって陰毛が直接接触し感染するパターンの他にも、公衆浴場での入浴や感染者が使用したタオルの使い回しなどでも感染します。性行為以外の感染も気を付けなければいけません。毛じらみに感染すると、数日〜1ヵ月ほどしてから非常に強い痒みを感じます。夜寝られないほど強く、我慢出来ないくらいです。毛じらみが吸った血が下着に付いたり、フンを発見して異常に気付くパターンもあります。

 

治療法としては、毛じらみの特徴として陰毛にひっつき卵を産み付けるので、陰毛を全て剃ってしまうのが有効です。しかしこれだけでは対処法が完全ではなく、殺虫効果のある外用薬を使う事がほとんどです。毛じらみはコンドームで予防できないので、パートナーのどちらかが発症した場合は、一定期間の性行為禁止及び同じお風呂の利用、タオル使用禁止など、感染を拡大させない様気を付けなければいけません。一方が発症していなくても予防治療として薬を処方してもらえるケースもあります。医師に相談してみて下さい。

 

性病検査を自宅で受けたい人はコチラ