性器のにおいが気になる。これって性病?

性器のにおいが気になる。これって性病?

なんか臭い・・意外とそう感じている人は多いそうです

「性器がのにおいが気になる。」こう訴える女性の割合は、かなり多い様です。

 

確かに性器は複雑であり、不衛生になりやすい部位でもあります。生理になれば血生臭いにおいがしますし、おりものの量が多い日は蒸れて変なにおいが漂っていないか気になります。

 

 

もしかして私、性病にでも感染してしまった!?こんな風に思い悩む女性もいるそうで、性器のにおい問題は女性が抱える悩みの1つでもあります。

 

 

しかし実際は、性病に感染していても性器が臭わない事もありますし、性病に感染していなくても性器が臭う事だってあります。

 

 

まず性器の臭いの正体ですが、男性の場合は恥垢や尿、精液のにおいです。包茎だと垢が溜まりやすくにおいやすいので、入浴の際に皮を剥いて清潔に洗う事が大切です。真正包茎の場合は専門の医師に相談し、手術する事が望まれます。

 

女性の場合、複雑な形の性器のせいでトイレットペーパーのカスが付着したままになったり、おりもののを拭ききれない事があります。

 

生理の際は確かに血生臭いですが、こまめにナプキンを交換する事で事態は緩和します。つまり普通の人間なら多少性器のにおいは存在するのです。全くの無臭ということは有り得ません。

 

 

そして一般的見解ですが、性感染症によって男性の性器がにおう事はないそうです。但し包茎は雑菌の繁殖が危惧されますので、この状態で性行為を行う事で相手の女性に雑菌がうつり、細菌性膣炎などの原因に繋がります。

 

 

男性の場合は性器の臭いというより包茎に注意するべきでしょう。女性の場合は、性感染症によって性器の臭いが気になる場合があります。

 

性器の臭いというより、正しくはおりものの異臭です。性器(おりもの)が臭う代表的な性病を挙げていきます。

 

おりものが臭う場合以下の性病をチェック

【膣カンジダ症】

カンジダ膣炎は、女性の膣内に元々存在している菌(常在菌)が異常に繁殖して起こる症状です。疲労やストレス、風邪や妊娠などで免疫力が低下している時、膣内の自浄作用が弱くなってカンジダ菌が増殖します。カンジダ膣炎を発症すると、我慢できないくらい性器が痒くなります。おりものの異臭も挙げられますが、例えると生臭い魚の様な嫌な臭いです。ツンと鼻をつく臭いとも例えられています。そしておりものが酒粕やカッテージチーズの様な白濁色の状態になります。しかし私自身膣カンジダ症になった事があるのですが、おりものの臭いは気になりませんでした。おりものの色も同様で、とにかく痒みが断トツでした。個人差はあると思いますが、我慢できないほどの痒み
故病院に行きました。ドラッグストアで膣カンジダ専用の薬を購入する事も出来ますが、再診の場合のみ薬剤師のアドバイスの元で購入可能です。初診の場合は病院で医師の指導の元治療する事が望ましいです。治療については、膣内を洗浄した上で薬を挿入し細菌の繁殖を抑えます。軟膏を処方される事もあります。自己判断で治療を終了せず、医師の指示に従って治療を続ける事が重要です。

 

【膣トリコモナス症】

トリコモナス原虫という0.1mm位の原虫が膣や膀胱に入り込み炎症を引き起こす性病です。男性は排尿によって洗い流され、尿道への感染までいかない場合が多いです。女性は主に膣炎症を起こしますが、感染者の半分くらいは症状がほとんどない感染(無症候性感染)と言われています。特徴的な症状としては泡状の黄色いおりもの、緑色のおりもの、おりものの悪臭、外陰部や膣の強い痒みです。どの様な臭いかというと、やはり生魚の様な臭い、生ごみの腐った臭いという証言があります。人というのは不思議なもので、一度臭い思いをすると何度か臭いをかいで確認したくなるそうです。怖い物見たさというやつでしょうか。その際にむせかえるというのですから、よほどの臭いでしょう。女性の身体からこんな臭いが!?と、現実逃避したくなる程臭いのだとか。生理前の酸っぱい臭いとか比べものにならないほど“ヤバい臭い”なのだそうです。治療は膣洗浄や薬の服用です。しかし自分の判断で終了せず、必ずトリコモナスの原虫が消滅した事を医師が判断した上で完治としましょう。トリコモナス膣炎で怖いのは、治療が遅れると最悪の場合不妊の原因になる可能性です。早期発見と早期治療が強く望まれます。

 

【淋菌感染症】

淋菌感染症は淋病とも言い、淋菌が原因となって発症する性感染症です。感染率は約30%と高く、同時にクラミジアにも感染している可能性があります。女性の場合、膣から子宮あたりまで炎症をおこし、黄味がかったおりものが出ます。膣トリコモナスの場合と似ていますが、泡立ちがないのでトリコモナスと区別できます。そして悪臭があります。約80%の女性には自覚症状がないと言われており、感染を放置しておくと体内に感染が拡大して子宮外妊娠や不妊の原因となります。妊娠中に感染していると、淋菌に感染した赤ちゃんが生まれる可能性が高いです。この場合両目が侵される事が多く、失明の可能性も危惧されます。男性の場合、尿道に感染する事が多く尿をする際に激しい痛みと膿も出ます。しかし自覚症状がない事もあります。感染を放置しておくと、体内に残っている菌が次第に広まって生殖器に異常をきたし、無精子症になる事もあります。治療ですが、抗生物質の服用を数日〜2週間程度行います。自己都合で治療を終了すると症状が再び出て完治が遅れるばかりですし、最近では薬に耐性を持った菌も現れているという噂です。医師に従い、しっかりと治療に専念して下さい。

 

【クラミジア感染症】

クラミジアは最も多い性感染症として有名であり、患者数は国内だけでも100万人に達すると言われています。男女共に自覚症状が出ないまま放置する事が多く、多くの人に感染させてしまうケースが多いです。男性は排尿時の違和感や痛み、尿道の痒みや不快感が挙げられます。男性より深刻なのが女性であり、感染しても自覚症状が現れないという人が半数に及びます。この様に目立った症状が現れにくいクラミジアですが、女性の場合は水っぽいおりものになり量が増え、子宮経管炎を引き起こしている場合は膿を伴った様な黄色のおりものが分泌される事があります。そしておりものが臭くなる事がありますが、厳密にはクラミジアに感染したから臭いが強くなったわけではなく、クラミジアにより膣炎が引き起こされた結果、おりものの臭いが強くなったと考えて良いでしょう。これらにはかなり個人差があり、クラミジアに感染していたけど臭いは全く感じなかったという人もいます。クラミジアの場合、放置すると不妊症に繋がる恐れがあります。他にもエイズや淋病など他への性感染症へもかかりやすくなり、感染率は3〜5倍と言われています。クラミジアを疑ったら、この機会に他の性感染症へも感染していないかまとめて検査しておく事をおすすめします。

 

 

性病検査を自宅で受けたい人はコチラ