病院で性病検査しませんか?

病院で性病検査しませんか?

病院で性病検査するならどの科を受診すればいいの?

病院で性病検査を行おうと思った場合、何科に受診すれば良いのか悩むケースが多いです。

 

性器の違和感などでまず先生に相談したい場合は、基本的に女性は産婦人科・男性は泌尿器科で診察してもらえます。

 

もし診察で性病の検査が必要だと判断された場合、検査が行われます。保険が適応されるので安心して下さい。

 

 

まだ症状が出ていない段階だけどとりあえず検査を希望する場合、こちらも同様に女性は産婦人科・男性は泌尿器科で対応してもらえます。

 

 

喉の違和感がある場合は、オーラルセックスによってクラミジアや淋病感染症により咽頭炎を引き起こしている可能性があります。

 

 

男女共に耳鼻科を受診しましょう。但し全ての耳鼻科が性病に対応可能なわけではありません。事前に受診予定の病院に電話で問い合わせてみると良いと思います。恥ずかしい場合は、ネットで調べたらわかるかもしれません。

 

 

全ての項目を検査できる「性病科」を受診するという選択肢もあります。本来ならこの性病科の受診がお勧めですが、まだ数が少ないので受診する事は不可能かもしれません。もし受診予定の病院が大きな病院だったら、性病科があるかもしれません。チェックしてみて下さい。

 

※性器に症状がある場合・・・性病科・泌尿器科(男性)・産婦人科(女性)
※のどに症状がある場合・・・性病科・耳鼻咽喉科
※皮膚に症状がある場合・・・性病科・皮膚科

 

病院でやることのメリット・デメリット

【メリット】

病院で性病検査を受ける最大のメリットは、“安心感”と“総合力”だと思います。相手が医療のプロであるため結果が信用できます。

 

医師の口から陰性か陽性かの通達を受けた方が、説得力がありますよね。陰性であれ陽性であれ、専門医と直接個別相談が出来るのは病院ならではです。

 

絶大な安心感が得られます。そして血液検査・尿検査など複数の検査を行う事が出来るのは病院ならでは。検査は勿論、治療・薬の処方までの総合力。これこそが病院で性病検査を受けるメリットだと思います。他にも、もし性病検査が陽性だった場合、そのまま病院で治療を受ける事が出来ます。

 

保健所や検査キットを利用する場合、陽性だと結局病院を受診しなければいけません。

 

そこでもう1度検査する事になるので、二度手間となります。病院はこの二度手間がないのでスムーズです。

 

【デメリット】

場所が病院なだけに、プライバシーを守るのは不可能です。病院では色々な人と顔を合わせる事となります。保健所よりも多くの人と顔を合わせる恐れがあるでしょう。受付・看護師・医師・薬剤師・他の患者さん・・・等々。病院にはとても多くの人が出入りしていますから、プライバシーの死守はまず不可能でしょう。

 

もう少し細かく言うと、もし検査を受ける自分が家族に扶養されていたら?保険証を使った履歴は毎月扶養者に通知が来ます。通知の中にはどの病院へ行ったのかが記録されますので、そこから性病検査の事実がバレる恐れもあります。

 

具体的な病名や検査履歴こそ載らないものの、奥さんが妊娠していないのに婦人科へ行ったり、息子が泌尿器科に行った履歴を親が「んん!?」と思って疑う可能性は十分有り得ると思います。他にも、メリットの部分で「二度手間の必要がない」と記載しましたが、あくまで陽性反応が出た場合の話であり、検査の二度手間という意味です。病院で採取した窒液や尿・血液は、病院ですぐに検査をする訳ではありません。

 

性病検査業者に送って検査してもらうのです。したがって結果が出るまでに約1週間程度かかり、後日改めて病院へ出向いて検査結果を聞く必要性があります。まだデメリットはあります。病院にもよりますが、予約を取ったり待ち時間が長かったりします。検査をするまでに時間がかかるのは病院ならではのデメリットと言えます。

 

病院ですのでどうしても検査にお金が掛かる事は仕方ありません。陽性反応が出れば保険が適応されますが、検査目的だけでは保険適用外の自己負担となってしまうのです。厳密に言えば、病院までの交通費も必要になります。病院での性病検査は、何かとお金が掛かると覚悟しましょう。

 

検査にかかる値段はいくらくらい?

最初に初診料として2,700円支払います。

 

そこに診察料+検査料がかかります。

 

陽性となれば保険適応となり3割負担ですが、検査目的と判断されれば保険適応外となり自己負担となります。注意が必要です。

 

検査料は性病の種類によって異なり、梅毒なら3,000円〜7,000円、クラミジアなら7,000円〜12,000円、HIVなら5,000円〜10,000円です。

 

病院によって違ってきますし、一般的には複数の性病検査を同時に行う事が多いです。

 

そのため病院で性病検査を受ける場合は、2万円〜3万円程度の出費を考えておいて下さい。

 

病院検査はこういう人におすすめ

プライバシーについてそこまで深く考えていない人は、病院での検査がお勧めです。そして堅実な性格の人、結構心配性な人も、検査キットより病院での検査をお勧めします。検査キットで陰性が出ても、結局不安が拭えずに病院で検査した友人がいます。医師の口からしっかりと陰性・陽性の有無を知りたいなら、病院での検査が適していると思います。ある程度お金に余裕がある人、お金をケチりたくない人も、病院でしっかりと検査してもらいましょう。すでに明らかな性病と思われる症状が出ている人は、おそらく治療が必要となるので病院で検査する必要性があります。速やかに病院で検査をし、治療に繋げて下さい。

 

 

性病検査を自宅で受けたい人はコチラ